遲來的25頁...這頁的上半段我卡了整整六天哈哈哈  -->就知道這女人有多混=.=

 

P.25

 

韓国ではすでにスターだった彼らにとっては、屈辱的な舞台だったことでしょう。日本デビューを応援して、韓国で見守ってくれているカシオペアにも顔向けできない心境だったはずです。それでも構わず、一生懸命にライブをやり遂げる姿は、彼らが初心を忘れず、高みを目指して努力していたかを窺わせるものでした。でも、思い出してください。こんな出来事を経験したのは、まだ10代や、20代になりたての若い男の子たちです。本当に彼らが一生懸命だったのが、苦しいほど伝わります。

 對在韓國已經是明星的他們來說,這個舞台無疑是個屈辱,同時也無法面對韓國仙后對他們在日本出道的支持與聲援。儘管事過境遷,但從他們盡力去完成LIVE演出的姿態便可窺知,他們不會忘記當初的初衷,以往更高的方向作為目標而去努力。不過請想想,因為經歷了這樣的事情而迫使成長的他們,都還只是個10-20歲的年輕小夥子啊。這樣單純地在努力的他們,傳遞出來的心情讓我感到些許苦澀。

 

 

(日本限定イベント.名刺交換会&タッチ会)

(日本限定活動.名片交換與擊掌會)

 

 日本のビギストの方々と仲良くなって、私が「日本のファンの人はいいな」と羨ましく思ったのが、「名刺交換会」や「タッチ会」なるファンイベントでした。

 為了要和日本的Bigeast打好關係,舉辦了名片交換與擊掌會的粉絲活動。『日飯好好啊!』我羨慕的想。

 

 一番最初に行われたのが、デビューシングル「HUG」が発売された(‘05年5月)の際の「名刺交換会」でした。大阪、東京など5都市で開催されたのですが、熱烈なK-POPファンを中心に1か所に1200人もの人が集まったのだとか。CDの帯に付いている券を持参すると、メンバーと名刺交換ができるのですが、自分の名刺には名前以外の個人情報は一切記載してはいけない、というルールがあったようです(書いたところで、電話なんてかかってこないだろうけどね!)。 

 在首張單曲《HUG》(05年5月)發行的時候,最先舉辦了名片交換會。在大阪、東京等5都市分別舉行,以熱烈的K-POP飯為主,在某一個地方聚集了1200人。用CD裡附蹭的卷參加,便可跟成員交換彼此的名片,但有規定粉絲的名片上除個人姓名以外,其餘個人情報皆不能記載。(即使寫了也不會打電話來吧!)

 

 

 


 

嗯,這頁真的很短,主要是因為"(日本限定活動.名片交換與擊掌會)"這句就佔了頗大的版面所以才這麼短>"<

送上張當時交換會的認證照片。

 

轉自此部落格

imgc7ac6ff7011o3w  

這是2005.05.08的樣子。

有天你戴那帽子整個好大叔啊(喂)

然後俊秀好可愛wwww

允浩跟在中都還很青澀,昌珉那頭微蓬的頭髮讓我好想摸wwww

能夠參加的日飯真是太幸福了 (*≧∇≦*)

 

 

 

 

 

 

文章標籤
創作者介紹
創作者 想你-朴允小醬 的頭像
想你-朴允小醬

只會愛你,在我有生之年 :: 小醬屋 ::

想你-朴允小醬 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()